すぐにできる!PMS対策とその治療

産後の憂鬱、『PMS』が原因かもしれません

3時間おきの授乳にオムツ交換、寝かしつけ…
産後のママは息つく間もなく大忙し。
寝る間も惜しんで育児に家事にと頑張っているんですもん。
心や体が悲鳴をあげてもおかしくはありません。

 

けれど、ついつい自分のことは後回しにしてしまいますよね。
例え異変を感じても立ち止まって考える暇などありません。
私も出産直後は『産後うつ』かな?!と疑うほど、精神的にも体力的にも
疲弊していました。

 

特にうちは子供があまり眠ってくれない子だったし、旦那が夜勤で
育児はほぼ自分一人だったので余計にしんどかった。
でも、今考えるともしかするとあれはPMSの症状でもあったんじゃないかと
思うんです。

 

私の場合…
・とにかく眠い(単に睡眠不足というのもありますが)
・妙にイライラする
・突然涙が出てくる
・どうしようもなくブルー
こんな症状が産後から目立つようになり、それは子供が6歳になった
今でもあらわれる症状です。

 

そしてよく考えると、これらの症状があらわれるのはPMSの時期と
ちょうどかぶるのです。
出産前はPMSの時期はどちらかというと精神的な面より身体的な面で
異変を感じることが多くありました。
それが出産を機に、精神的な症状が重くなったように感じます。
実は、PMSの特徴として妊娠・出産を経験した人は私のように精神的な
面での症状が出やすい傾向にあるのだそうです。
つまり、『産後うつ』だと決めつけている人も実は、PMSの可能性が
十分あるってこと。
もしもあなたの症状がPMSに起因するものなら、低用量ピルで症状を
緩和することができるかもしれません。

 

ピルを服用することで、今まで子どもに優しくできなかった人は
少しだけ余裕を持って接することができるかもしれません。
赤ちゃんのかわいい時期って、過ぎてしまえばとっても短いもの。
あの時、ピルで心に余裕を持てていたら…
私はとっても後悔しています。

 

昔の私と同じように、毎日不安定な精神状態で育児をしているママさん
には不安定の原因を探って穏やかに育児を楽しんで貰えたらいいなと
思います。